top of page
検索

僕らの環世界/08


モチモチの玄米ご飯と雑穀を使ったメインの一品

副菜には有機農家さんから届く季節の野菜を使った小鉢料理が3品

グリーンサラダとミニデザートとお味噌汁。

とてもバランスの良い毎日食べられる内容です。


こちらは天然酵母とポーリッシュ種を使った強めのクラストともちもちクラムが特徴のクロワッサン。

最近ではお店のアイコンにもなりつつあります。


これらを考案し作っているスタッフ。

一人は元アパレル業、また一人は洋菓子職人、あるスタッフは保険の営業マン。

僕もハウスメーカー出身で妻も看護師。

しっかり下積みをして料理の勉強をしてきた人は一人もいません。

僕らが見ている世界には「当たり前」はなく、

使う物や言葉や方言、育つ環境によって全て見え方感じ方は変化します。

このバラバラな状態が有機的であり個性的で面白く、そこからとんでもない物を生み出すのもこのような環境です。


完璧な決まりきった当たり前だとなかなかそうはいきません。

以前聞いた話で、強力な接着剤を作ろうとして何処かで計算を間違え粘着力の弱いものができたそうです。

「当たり前」の考えではこれは失敗です。

でも僕ら人間はそれらを変化させる有機的な能力を持っています。

やがてこの失敗作はカラフルな「付箋」という商品として大ヒットしたそうです。


様々な物の見え方は可能性に溢れています。

人と価値観や見え方や行動が違い非常識的で「お前は変な奴」だと言われていました。

けれど面白い事を世の中に出しているのはそういう変な奴らでもあります。

bottom of page